療養通所介護事業所

療養通所介護事業所は、介護保険適応の医療依存度の高い療養者様から障害者自立支援法による児童発達支援・放課後等デイサービス・生活介護でのご利用ができます。


~デイルームはワンフロアーでライトコートから 降り注ぐ柔らかい光が自慢の施設です~

様々な疾病から障害の方まで利用できる、多機能型事業所です。
年齢層も幅広く、小児からご高齢者まで、同じフロアーで1日過ごしていただきます。
療養通所介護事業所の特徴は、常時看護師が2名おり、発熱(集団感染のおそれがない熱)、痰が多い等の状態変化時にもご利用いただけます。
病状安定や病状悪化を予防し、自宅で安心して過ごして頂けるよう訪問看護師や主治医と連携し対応させていただいています。
呼吸器装置・胃ろう管理・在宅酸素療法・中心静脈栄養等の管理が必要な方も勿論ご利用いただけます。
障害者自立支援法の適用の方は、障害1、2級と愛の手帳A1、A2をお持ちの方になります。

…送迎…

送迎は看護師と介護職が1名ずつで伺います。送迎中の状態変化にも看護師が対応します。
サービスは皆様のお宅にお伺いして状態観察→通所事業所到着→入浴・気分転換(散歩・音楽鑑賞・座位訓練・必要な処置・食事)状態観察→ご自宅のベットにお送りしてもう一度状態観察するところまでです。お一人ずつ送迎いたしますので、道路事情やご本人様の状態により時間のずれがあることをご了承下さい。

…入浴…

入浴は器械浴になります。こちらにもベットごと移動し、シャワーキャリーに移っての個別入浴になります。浴室の壁面がさびしかったところ、地域の絵画教室「 KiD's SUTDIO 」の皆さんがボランティアで壁画を描いてくださいました。お好みの音楽を聞きながら入浴できます。

…処置室完備…

トイレなど処置の際には左手後方の処置室にベットのまま移動します。処置室は個室になっており、音やにおいがデイルームに漏れないように工夫されています。

…レクレーション、創作活動…

利用者様と一緒に季節に合わせた創作活動やお誕生日会を実施しています。クリスマス会や夏祭りも開催しています。

…プレイルーム…

子供たちの過ごしやすいプレイルームを設置しています。プレイルームで子供たち同士触れ合いながら過ごしていただいています。

…医療連携体制…

まず主治医に連絡、そこで連絡が取れなかった場合、青葉区医師会在宅医療介護保険委員会メンバーに指示を仰ぎ、対応できない場合は青葉さわい病院に緊急搬送、さらに重篤なときは昭和大学藤が丘病院ERへの搬送ということになっています。


●自己評価表

放課後等デイサービスの提供及び事業所運営の支援の向上を図るため、厚生労働省において、事業を行うに当たり必要となる基本的事項を示すガイドラインが平成27年より示されました。
そのガイドラインに基づく自己評価を実施し、事業運営に反映させた自己評価結果を、事業所の会報やホームページ等で公表に努めるよう定められています。

「令和元年度 放課後等デイサービス評価 報告書」


~事業所概要~

お問合せ 電話 045-910-0026
指定事業者番号 1473701546
開所日 平成18年5月1日
管理者 岩間 慶子
総括管理者 岩間 慶子

上に